バイト先でできた彼氏

“大学生になって初めてアルバイトをしたのですが、そのバイト先がとても恵まれた環境で結局大学に入学して卒業するまでずっと働き続けていました。4年近く働いていたので、本当に色々ありました。
バイトを始めて1年目くらいのときに、キッチンに新しいバイトの人が入ってきました。私はホールスタッフだったのですが、中にはバイト同士で付き合っている人もいて彼氏彼女で仕事をしているのは本当に幸せそうでとてもうらやましかったです。
そんな状態の時にキッチンにかなり好みの人が入ってきたのです。一目ぼれとも違いますが、初対面の時に「この人いいな」と思いました。同時に他のバイト仲間もこの人のことを好きになる人もでてくるかもしれないし、面倒なことは避けたいな、とも思いました。
もちろん同じ職場で付き合ってみたいと思っていたのですが、バイト仲間がみんな仲良かったので絶対に男女関係のせいで仲間と険悪な雰囲気にはなりたくなかったのです。
偶然シフトが一緒になることが多く、帰る方向も同じだったので送ってもらいがてらたまに二人で飲みに行ったりしてどんどん距離は縮まっていきました。実は彼の方がバイト仲間に私のことをいいと思っていると言っていたようで、お互い他にライバルもいなく、とんとん拍子で付き合うことができました。
同じバイト先で彼氏がいるというのは本当に楽しくて嫌なことも全く苦になりませんでした。他のスタッフには少し気を遣っていたようです(^▽^;)”

出合い系サイトで出会ったバツイチの人妻と恋愛関係に。

出合い系サイトで出会ったバツイチの人妻と恋愛関係に。

彼女、いない歴もだいぶ長くなって、時折、風俗で遊んでは男を処理していた埼玉・浦和の30近い独身男性です。 風俗で遊ぶにはどうしても余計なお金は掛かるし、何と言っても心地よい男女の恋愛ムードにはなりません。 従って、通勤がてら電車の中で携帯で出合い系サイトなどを頼りにするようになりました。

そして、出会い系関係の中でもよく目にするし常に上位にランクされている大手のサイトのワクワクメールというサイトを利用していましたが、利用が始まって3ヶ月もたったでしょうか、色々と怪しげなメールの中からコレは、というような人物に出会うことができたのです。

私自身が30代近いので、お相手も若干歳下の年齢か同いくらいの人だったらいいなと思っていたところ、30歳を少々超えた元人妻という方でした。 其れも始めの頃は半信半疑でやり取りをしていましたが、正直そうな現実的なメールの交換が出来るようになって、そして、とうとう逢うことができるようになったのです。

住まいは池袋東上線の大山というところでしたので、小生も馴染みのある池袋西口の駅前の有名チェーンの珈琲店で待ち合わせしました。 姿顔を見れば既に判るようでは有りますが、念のため目印に女性週刊誌をテーブルの解りやすいところに置くようにしていましたので、直ぐにその人を発見することはできました。

実物は写真で観るより、やや細身のスーツ姿はよく似合う女性で、顔は決して美人顔ではなかったが、落ち着いた話しぶりの中にも笑顔の素敵な方でした。 初回は自己紹介などで次に逢う日を約束して直ぐに別れ、2回目は直ぐ近くの居酒屋デート、三回目には彼女の好きなカラオケヘ行きました。 

お酒の入った食事をしながら歌を唄っている間に、軽くキスを迫ると特に制する風もなく受け入れてくれて、そして、遂に念願のホテルインになったのです。
初めはやや硬い雰囲気だったのですが、小生の冗談交じりの会話も手伝って、次第にリラックス出来るようになり、肌を合せてベットインした時はさすがに彼女もすっかり女になっていました。

その後、彼女とは月に1度から2度程度合うことにしていて、今でも其れは続いているところです。 そして、今では本当の恋人にしようかどうか迷っているのが正直のところです。 何故なら、彼女は離婚経験のあるバツイチだったのです。

ギャル系の女の子と出会うならPCMAX

私は東北地方に住む36歳男性、営業マンです。

私の趣味は出会い系で女性と出会うこと、そんな私が今年の春に出会ったのがバリバリのギャル系の女の子でした。

出会ったサイトはPCMAXという出会い系サイトでした。

彼女は某ギャル系の服を販売しているお店の女の子で、年齢は22歳のフリーター、遊ぶことが大好きで常時金欠になるほど遊んでいるといった女の子でした。

そんな彼女の書き込み「一緒に食事に行ってくれる大人の男性募集、可能なら奢ってもらえると嬉しい」という書き込みに返信したのが始まりでした。

PCMAXで出会ってからすぐに、街中で彼女と待ち合わせ、彼女の姿を見てある意味予想通りの感じの女性でした。

見た目は金髪のギャル系というメイクスタイル、春でやや温かくなってきているといえまだ寒い状況でもミニスカ生足、かなり挑発的な服装でした。

そんな彼女と一緒にステーキハウスで食事をする、その後軽くお酒を飲みながら彼女とのデートを楽しみました。

食事をしてそのまま帰るのかと思ったら彼女から思わぬ言葉が・・・

「高いステーキを奢ってくれてありがとう、お礼に今からエッチしない、オジサン好みだから特別に一晩付き合うよ」

正直驚きました。下心は確かにありましたが、まさかその日の内にエッチできるとは思ってもいませんでした。

その後彼女とホテルに向かいエッチを楽しみました。

彼女の体はギャル系の性格とは違い、あまり男を知らないような体、乳首もピンク色で、下半身も形が整っている感じでした。彼女の話しでは男性経験はそれほど多くなくセ○レもいないという話しでした。

そんな彼女の言葉通り、フ○ラはややぎこちなく、いざセックスする時も恥ずかしそうな表情でいたのがたまらなく興奮しました。

そんな彼女との付き合いは今でも続いています。月に数回会って食事をする、その後当たり前のようにエッチを楽しむ関係、いつの間にかそんな関係が続いています。